もっこすのための熊本愛郷新聞

gendousha.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 13日

左翼に牛耳られた成人式。

b0212067_20465921.jpg

新成人の皆さん、おめでたうございます!

今日は、地元の成人式に消防団として参加。
共産党一派の嫌がらせで今年から消防団の話をする時間が削除されてしまつたのですが、共産党市議の益田牧子はバッチリ共産党の主張(憲法、原発、秘密保護法、消費税など)を長々と話してをりました。非常に腹立たしい時間でした。
消防団の時間を削られた理由は「時間がない!」でしたが、案の定それはデタラメだという事がはつきりしました。

政治家や自治会が左翼的な話ばかりするから、新成人も嫌な気分になるのです。


今年も、成人式をみて思つたのは、新成人や若者が荒れる原因は社会が若者を子供扱ひして、その価値を認めていない事も一因であると感じました。
大人がいつまでも「お前たちは子供だ!自分たちで考へる前に大人の言ふことを聞け!!」といふやうな社会的雰囲気が、若者の有り余る能力を悪い方向に走らせてゐるやうな気がします。


日本の歴史上、これほどまで若者の価値が軽んじられている時代はないのです。
ちなみに、熊本の英雄「加藤清正」が賤ヶ岳の戦ひで七本槍の武功を挙げ、豊臣秀吉から3000石の所領を与へられたのも20歳の時でした。


若者を本当に必要とする社会を作るには、おつさん達が若者の本当の価値を認めなくてはなりません。
荒削りながら、若者には若者の力があるのです!!
[PR]

by gendousha | 2014-01-13 20:46


<< 小野田寛郎少尉      憲法9条は悪か… >>