もっこすのための熊本愛郷新聞

gendousha.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 27日

中川州男大佐の墓

b0212067_22554724.jpg

最近、熊本の偉人に興味を持つやうになり、熊本県玉名郡出身の中川州男大佐を調べてゐた。

中川大佐はパラオのペリリユー島地区隊長として圧倒的物量で侵攻してくる米軍を迎へ撃ち、米軍史上最大の損害比率(40%)を与へた軍人である。
この時、一般人を犠牲にしてはならないといふ配慮から米軍上陸前に島民や在留邦人を輸送船で強制疎開させたので、激戦だつたにも関はらず一般人の死傷者は一人も出なかつた。


サイパン、グアムの守備隊は水際戦に重点を置いていたが、中川大佐の行つた持久戦に重点を置く戦法は後の硫黄島の戦ひにも用いられ米軍の侵攻を長期間阻み続けた。


そんな中川大佐が熊本ではまるつきり知られてゐない…

私は少しでも多くの事を知りたいと思ひ、書籍に書ひてあつた大佐の墓の場所を昨日探しに行つた。だが、昨日は見つけ出す事が出来なかつたため今日は友人と二人で探しに行つた。

そして、遂に中川大佐の墓を見つけることができた。

ひつそりと佇む墓は無骨な大佐を表すやうな雰囲気であつた。


今後、中川家の御親族とお会いできる機会があれば案内板の設置などの顕彰活動をする了解を得たいと思つてゐる。
中川大佐が郷土の偉人であることはもちろんだが、大佐の人生は貴重な精神遺産でもあり、我々は必ず後世に語り継いでいかねばならないと思ふ。
[PR]

by gendousha | 2011-08-27 22:55
2011年 08月 25日

「ペリリュー島洞窟戦」より

ペリリユー島に上陸してきた米軍を迎へ撃つ日本軍守備隊の戦ひを元兵士が著した「ペリリユー島洞窟戦」より抜粋する。


先祖伝来の日本刀を振りかざした高野少尉はあと二、三歩で敵の戦車に飛びかゝらうとした寸前、機関銃に狙はれた。全身数十発の機関銃の弾丸は少尉の腹部を引き裂き、内臓は半分はみ出してゐた。
しかし、少尉は刀を杖によろめきながら、かたわらに倒れた兵が持つてゐた地雷棒(棒の先端に爆薬を付けた対戦車自爆兵器)を拾つて再び立ち上がつた。
少尉の内臓が足元にぶら下がつた。
少尉は不意の出来事に中心を失つたのか、前のめりに倒れ、左手で地雷棒をしつかと握つたまゝ、わずかに頭をあげて敵戦車をにらんだ。
その時、戦車が味方の火炎瓶で黒煙をあげて燃えだした。
敵の搭乗員が火だるまになつて砲塔から転げ落ちてくる。この状況をみた少尉は、渾身の力を振り絞つて、この火だるまの敵兵に右手の刀を投げた。刀は見事に敵兵の胸部を貫いてをり敵兵は動かなくなつた。
これを見届けた少尉はつひに絶命した。

米軍は、このとき初めて、守備隊は水際戦も手ごわいが、これから本格的な日本陸軍のめくらめつぽうな強さに立ち向かわなければならぬことを知つて、容易に進まうとしなかつたのである。


以上「抜粋」



硫黄島の戦ひにもたくさんのエピソードがあるが、ペリリユー島の戦ひを知つて、島を敵から守ることはこんなにも大変な事なのだと改めて気づかされた。

私も含め、紳助のニュース如きに目を奪はれているようでは尖閣諸島は近々シナの手に落ちることになるかも知れない。
[PR]

by gendousha | 2011-08-25 08:08
2011年 08月 18日

阿蘇高森町の祭、風鎮祭

b0212067_2344292.jpg

機関誌の原稿期限である本日、いまだ原稿の七割程しか終はつてゐないにも関はらず家族と祭りに行つて、熊本の漫才肥後にわかを楽しんできました。

適当に顔に落書きをして、適当なカツラをかぶり、腹巻きを巻ひて、ステヽコを履けば肥後にわかスタイルの完成!
そして、熊本弁で面白かこつばおめけば、そつが肥後にわかですたい!!笑


B級感たつぷりなとこが肥後にわかの面白かところばつてんが、大阪から遊びに来た友人は顔色一つ変へずつまらなさうに肥後にわかを見てましたf^_^;
[PR]

by gendousha | 2011-08-18 23:44
2011年 08月 08日

機関誌…

来月創刊予定の熊本愛郷新聞の締め切りに追はれてゐる。

暑中お見舞ひの発送は間に合ひさうもないので残暑お見舞ひにて発送しやうと思つてをります。
皆様にはご無礼いたします。

さてゝゝ機関誌の事だが、本来なら私が敬慕してやまない同血社河原会長のやうに家に引きこもつてでも早急に原稿を仕上げないといけないのではあるが、何せ最近急に仕事が増えて家でゆつくりする時間もない…。今後は寝る間を惜しんで執筆しやうと思ふ。

河原会長はご自身を「オタク」と称してをられるのだが、私も日本の為ならばオタクにでもなつてやるといふ気概を持ちたい。

必要とあらば鬼ともなつて尽忠報国に奔走する気概は当然持つてなくてはならないが、常に鬼でゐる事は難しい。
ならば、常日頃は愛国オタクと陰口を叩かれようとも、河原会長風に言ふところの執筆報国、文章報国を地道にやつていきたい。


「自分はこれをやりたい!!」といふ気持ちも大事だが、自分が「これならやれる!!」といふ事を一歩づゝやつていく事が更に大事だとつくゞゝ思ふ今日この頃だ。
[PR]

by gendousha | 2011-08-08 20:32 | お知らせ・報告