<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 28日

鉄血勤皇隊

b0212067_21111529.jpg

b0212067_21121134.jpg



今日は、沖縄師範学校の生徒を以て編成された鉄血勤皇隊の慰霊碑「健児の塔」や、「義烈空挺隊慰霊碑」、「第32軍司令部終焉の地」などを巡つて、手を合わせてきました。

義烈空挺隊のことはまた後日書きたいと思ひます。

鉄血勤皇隊は13歳~19歳の兵役の義務のない中学校の生徒達が日本軍と共に戦つた部隊のことです。
鉄血勤皇隊の慰霊碑は沖縄本島の南の端、平和祈念公園の一番奥にあります。米軍に追いつめられた日本軍や、民間人が徹底抗戦し、数多く自決をした場所です。
岸壁に波がぶつかり恐ろしさを感じるほど大きな音を立てゝゐました。周りを深い草木に囲まれて、その隙間からは海が見えるのですが、戦争中には多くの米軍艦がこの海から大砲の雨を降らせました。
そんな場所で、まだ十代の少年達が日本を守るため、覚悟を決めて戦つたのです。その純忠を思つたとき、私は心から手を合わせずにはゐられませんでした。
どんなに覚悟を決めても、少年にとつて初めての戦場は恐ろしかつたに違ひありません。それでも戦つた鉄血勤皇隊の勇気を称へたいと思ひます。

戦争の犠牲者を追悼するだけでなく、私はこの勇気を顕彰しなければならないと思ふのです。
ただ、一方的に敵の犠牲になつたのではありません。
心を奮はせ、小さな身体で大きな敵と戦つて倒れたのです。


戦後日本は、この勇気を「悪」として教育を続けてきましたが、私はこの勇気の百分の一でも持ちたいと思ひます。
[PR]

by gendousha | 2013-02-28 21:07 | 自衛隊 国防
2013年 02月 27日

義烈空挺隊

b0212067_6364962.jpg

b0212067_6374894.jpg



今日は、仕事の昼休みを利用して健軍駐屯地に行き、義烈空挺隊慰霊碑に参拝し、広報館にて関連資料を見せて頂きました。

「義烈空挺隊」とは昭和20年5月24日、熊本健軍飛行場(現在の日赤病院)から出撃した奥山隊長(26歳)以下、総員120名の斬り込み部隊。
この部隊は、12機の97式爆撃機に分乗し、米軍に占領されてゐた沖縄の北飛行場(読谷)、中飛行場(嘉手納)に強行着陸し、敵航空機の破壊を任務としてゐました。
敵陣の真つ只中に少数精鋭で斬り込むといふ任務の特性上、生還の見込みのない、言はば空挺特攻でした。

米軍の記録によると着陸に成功したのは1機のみとされ、 そのわずかな兵力で奮戦し、手榴弾、焼夷弾により飛行機7機破壊炎上、26機に損害を与へ、さらに7万ガロンのガソリンを炎上させ、米軍を混乱に陥れました。


この義烈空挺隊の隊員のほとんどは家庭に帰れば妻子のある父でした。
その家族にも話すことの許されない極秘の訓練を続けていた隊員達の苦悩は想像を絶するものだつたでせう。それも、戦死することが前提の任務を果たすための訓練だつたのですから…。

それでも、家族を守るため、日本を守るため、敵の飛行機を一機でも多く破壊するために艱難辛苦にうち耐へて厳しい訓練に励んだのです。

このやうに若き命を日本のために散らした方々に対して、「無駄死に」とか、「戦争の犠牲者」といふ言葉で済まそうとする人が許せません。
私は、その武勇を、その忠烈を、顕彰してゆきたいと思ひます。

戦争の善悪、是非はそれはそれで語ればいい。

私は、誰からなんと言はれようと、いつまでも英霊に感謝し、手を合はせてゆきます。



義烈空挺隊員の辞世の句

第三独立飛行隊

吾か頭 南海の島に 瞭さるも 我は微笑む 國に貢(つく)せば

— 奥山 道郎大尉


奥山に 名もなき花と 咲きたれど 散りてこの世に 香りとどめん

— 今村 美好曹長


武士の 行くべき途は ただひとつ 散って甲斐ある 命なりせば

五月雨の 落つる雫も 今日はなく 我の征途を 守るらん

— 久野 正信中尉


待つありて 眺むる月の 涼しさよ また咲きいでん 靖国のみや

— 新妻 幸雄少尉


よしや身は 千々に散るとも 来る春に また咲きいでん 靖国のみや

— 関 三郎軍曹
[PR]

by gendousha | 2013-02-27 06:35 | 自衛隊 国防
2013年 02月 20日

和歌

b0212067_22305279.jpg

霧雨に 耐え忍びつゝ 咲き薫る 梅の花こそ 武士の花
[PR]

by gendousha | 2013-02-20 22:30
2013年 02月 19日

第2回 熊本城マラソン

b0212067_624352.jpg


一昨日は第二回熊本城マラソンでした。

ご近所さん達からの応援をはじめ、沿道からの応援のおかげで無事に完走できました。

私は、地元消防団の誉をかけて消防団の法被とブーツ、ヘルメットで出場しました。

記録は五時間三十二分と、遅くなつてしまひましたが、消防団の装備のまゝでもフルマラソンが走れるといふ事を知ることができたので良かつたと思ひます。

来年も頑張ります!
[PR]

by gendousha | 2013-02-19 06:23 | わたくしごと
2013年 02月 12日

紀元節奉祝高千穂峰登拝

b0212067_212350100.jpg

b0212067_21241143.jpg

b0212067_21243856.jpg

b0212067_21245725.jpg



昨日は、毎年恒例となつてゐる紀元節奉祝登拝を友人や仲間と共に実施しました。
今年は二日間の日程で行ひ、一日目は、枯れない火口湖としては日本で最も高い標高にある「大浪池(1411m)」に登山しました。
想像以上に大きな湖と、湖底まで透き通つて見える水の透明度にはとても感動しました。
たゞ、想像以上の山の険しさに皆、疲れ果てゝをりました。
私は水を持つて行かなかつたので、沢にできた氷柱をボリヾヽ食べながら登山したのですが、その氷柱が非常に美味しかつた事が何故かとても印象に残つてをります。苦笑

二日目は、朝から天孫降臨の舞台である高千穂峰(1574m)に登り、日の出を拝した後、霧島神宮の社宝である天の逆鉾の前で祝詞を奉唱し、聖寿万歳を皆で三唱しました。

私は、時局の問題や、政治問題に一喜一憂するよりも、九州に縁の深い神話などを学び、日本の深い部分に目を向けてゆきたいと思つてをります。


お国自慢が好きな私ですが、今回は九州自慢をしたくて写真を四枚載せます!
九州にお越しの際は、霧島の山々に足を運んで絶景を楽しんで帰つて下さい!!
[PR]

by gendousha | 2013-02-12 21:22 | 日本主義
2013年 02月 09日

消防団意見発表会

熊本市消防団第三十一分団(春竹校区)団員 鈴木田舜護

消防団の母と呼ばれている松井茂曰く「義勇消防は、その志願の動機が、任意的、義侠心の発露に出たのであるからして、火災時における、出場手当等は之を眼中におかないのが当然である」と。その著書「国民消防」の中で記しております。

この本は大正15年に刊行されたものですので、今日における消防団運用の現実から照らし合わせれば多少の温度差はあるかも知れませんが、一旦緩急あれば義と勇を以て地域に奉仕するという義勇奉公の精神は古今東西に通じるものであり、これからも発展的に守っていかねばならない精神であります。

このことを私が強く感じたのは消防団に入ってしばらく経ってからでした。
昨年の小型ポンプ操法大会でのことです。私の所属する分団から一番員の選手として出場した二十歳の団員は、大会当日あるものを胸ポケットに忍ばせて出場しました。そのあるものとは、彼の父が彼と同じ二十歳だった三十年前にポンプ操法大会に出場して優勝したときのリボンでした。
彼は二年前にその父を亡くし、父の跡を継いで消防団に入りました。そして大会当日、父の名前が書かれたリボンを分団旗から外し、自分の胸ポケットに入れて競技に臨んだのです。
父と同じ気持ちで、父と同じ一番員として毎日のように訓練に励んだ努力が実を結び、大会では我が分団は熊本市消防団の中で最も早いタイムをたたき出しました。

残念ながら優勝こそ逃しましたが、父の遺志を見事に継いで地域の一員として活躍する彼の姿を見て私は心から感動いたしました。

そのように、義勇奉公の精神が親から子へ受け継がれていく消防団の姿をみて、消防団にしかできないとても崇高な使命があることを知りました。

それは、『「国民の生命財産を守る」という精神を守る』という事であります。
私は五年前自衛隊に勤めていました。そのときから「国民の生命財産を守る」という言葉は何度も聞いていました。消防団に入ってからも同じ言葉を何度も耳にしましたが、自分さえ良ければそれでいいという「個人主義」が蔓延している現代に於いては、その言葉さえ何か現実味のない、遠い過去のものと感じてしまう若い人が多くいることも現実です。
この現状を踏まえて、忘れてならないのは、国民の生命財産を守ってゆくための大前提として、『「国民の生命財産を守る」という精神』が守られていなければ地域防災、義勇消防は成立しないということです。
そして、消防団こそが『「国民の生命財産を守る」という尊い精神』を親から子へ、子から孫へと継承し、さらに発展させていくことのできる最大にして最良の組織であると思います。

現在、私が所属している分団は勤続54年を迎える副分団長をはじめ、勤続30年を超える経験豊富なベテランばかりです。しかし残念なことに、分団員の減少には歯止めがかからず、このままの状態でいくと分団が本来持っている能力を発揮できない事態になりかねません。
これからは、輝かしい伝統と、先輩方の精神を継承していくための後継者の育成が我が分団の急務と考えております。私は、分団の若手として友人や、近所の後輩たちに声をかけて一刻も早く消防団の若返りと、団員の充実を図り、さらに次世代へと義勇消防の精神を継承していける盤石な分団にするために一所懸命努力していく所存であります。
事あらば、火にも水にも飛び込む心意気と、魂で地域から信頼されてきた消防団を必ずや子々孫々まで受け継いでいくという強い決意を新たにし、私の意見発表を終わります。
[PR]

by gendousha | 2013-02-09 07:05 | 自衛隊 国防
2013年 02月 03日

消防団意見発表会、優秀賞。

b0212067_17271479.jpg

本日は、熊本市消防団意見発表会に出場しました。
意見発表会とは、消防団に関する意見を五分以内に述べる弁論大会です。

私は、「消防団が守るべきもの」と題した弁論を行ひました。
内容は『「国民の生命財産を守る」といふ精神を守る』事が必要であり、その精神なくして地域防災、義勇消防は成立せず、また更に、その精神を継承し、発展させてゆくのが消防団の任務である。と言つたことを述べました。

本番では感情が入り過ぎて、制限時間5分を超えて話してしまつたので減点され、上位入賞は諦めてゐたのですが、内容と表現力が評価され優秀賞を頂くことができました。
(発表者十五名のうち、最優秀賞一人、優秀賞二人)

私は言葉よりも行動で示すことを大切にしてきましたが、意外と口も達者である事が判明しました。
ですが、これからも、口の上手さに頼ることなく行動で示してゆける男になるために、気を抜かず、郷土と共に一所懸命励み続けます!
[PR]

by gendousha | 2013-02-03 17:27