<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 24日

中川大佐命日祭

b0212067_1615379.jpg

b0212067_1615382.jpg

本日は、中川州男大佐の命日です。
墓前にて命日祭を行ひました。

前県議会議長の小杉直さま、合志市議の尾方洋直さま、ペリリュー島守備隊で海軍の最高指揮官大谷大佐のご子息さま
、自衛隊報道幹部など、寒い中にもかゝはらず多くの崇敬者が参列されました。
昨年の中川大佐之墓整備活動からずつとお世話になつてゐる田口さん、高瀬くんも参列してくれて心から感謝します。因みに、昨年はこの二人と私の三人で命日祭を行いました。


法事が始まる一時間も前から、中川大佐の墓前には参加者が集ひ、中川大佐の功績や武勲を語り合つてをりました。法事が終はつても話は尽きず、ペリリュー島へ慰霊の旅に行つた方の話など、参列者はお墓を囲むやうにして語り合ひ、話はいつまでも盛り上がつてをりました。

その光景は、中川大佐の気高き魂が色褪せることなく、今日にも息づいてゐることを感じさせました。


そして、日本から遠く離れた南の島で、今もなお尊敬されている「中川州男」といふ強く優しい日本軍人が居たことをこれからもつと多くの日本人に伝へなくてはなりません。
それもまた慰霊になると信じてゐます。


参列頂いた皆様、ありがたうございました。
[PR]

by gendousha | 2013-11-24 16:15
2013年 11月 22日

中川大佐命日祭のお知らせ

b0212067_8132643.jpg

11月24日(日曜日)は、ペリリュー島守備隊長「中川州男大佐(戦死後中将)」が玉砕を意味する《サクラサクラ》の最終電文を発信し、切腹自決をされた日です。

昨年に引き続き、今年も24日11時から、熊本市黒髪共同墓地の中川大佐墓前にて命日をとりおこないます。
今まで中川大佐の事を知らなかった方でも、どなたでも参加できます。
慰霊するだけでなく、郷土の偉人「中川州男」の功績を顕彰し、軍人としての強さと、現地住民に対する慈愛の精神を後世に伝えてゆく所存です。


昨年、自衛隊第八師団内にも中川大佐顕彰会が発足し、防衛資料館に中川大佐コーナーが設置されるなどしています。
これからは、官民が協力し中川大佐を顕彰してゆける環境が作れたら良いと思います。


お墓の場所がわからない方は、鈴木田まで連絡ください。
鈴木田
09083991984
[PR]

by gendousha | 2013-11-22 08:13
2013年 11月 12日

戦争史跡の第一号登録を目指して

b0212067_21491439.jpg

歩兵第十三連隊正門を熊本市の戦争史跡として登録することを目指してをりましたが、昨日熊本市の担当者から「戦争遺産の史跡登録は前例がなく、基準も定まつてゐないので、今すぐは登録出来ませんが、これから基準作りを行つてゆく」との事でした。

しかし、観光課の方で標柱を設置して戦争遺産を後世に遺してゆけるようにする事になりましたので一歩前進と思ひます。


余談ですが、昨日は仕事が急遽中止になりましたので阿蘇最高峰の「高岳1592m」に一人で登頂しました。
ガス(霧)が濃く、景色は何も見れませんでした…
他の登山者も居らず…
火山ガスの影響で目が痛くて開けられないほど…
大変でしたが、山に行くと気力が充実します。

山登りと同じで、何事も道を間違うことなく一歩一歩進んでゆけばいつか山頂に辿り着くといふ事を改めて感じました!
[PR]

by gendousha | 2013-11-12 21:49
2013年 11月 04日

勉強会

b0212067_2216289.jpg

b0212067_2216267.jpg

演題「日本人と神道」
講師 大東塾不二歌道会 藏満順一先生

国民儀礼からはじまり、日本固有の精神文化を学ぶ貴重な時間となりました。
固有の領土を奪還することも大切ですが、それ以前に固有の精神文化を失つてしまつては話になりません。何回も勉強会を重ねて日本の原点を学んでゆきたいと思ひます。
[PR]

by gendousha | 2013-11-04 22:16
2013年 11月 04日

新聞社も「乱」から「変」へ!!

b0212067_1282041.jpg

先月31日、「神風連五士自刃の地」にて慰霊祭が斎行されました。
祭主は、当ブログでも以前紹介した田口さん(28歳)。

田口さんは、自刃の地の近所に住んでをり、二年かけてこの史跡を整備清掃してきました。その姿が噂となり、ロータリークラブから協賛金を頂けるまでになりました。
しかも、その協賛金を贈つて下さつたロータリークラブの方は、自刃した五士を数日間自宅に匿ひ、介錯まで手伝つた大矢野源水といふ肥後藩士の末裔でした。

このやうに、地域の歴史を繋ぎ、顕彰する姿はまさに愛郷精神の模範だと思ひます。


また、熊本の新聞では今まで「神風連の乱」と記載されてゐましたが、今回から「神風連の変」へ改めるさうです。


先月31日の慰霊祭でしたが、明治節の昨日新聞に掲載されました。
そしてこの日は神風連百二十三烈士の祀られてゐる桜山神社の大祭の日でもありました。
田口さんの誠は、天にも通じてゐるやうです。
[PR]

by gendousha | 2013-11-04 12:08