もっこすのための熊本愛郷新聞

gendousha.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 09日

わかりやすい「自衛隊」講座♪<1>

b0212067_1310463.jpg

いま10万人を超える自衛官が被災地で活躍しています。過酷な状況で任務に励む皆様に感謝感激です。


ところで皆さん。
「自衛隊と警察の違いは?」と聞かれて答えれる方はいますか?

意外と知らない方が多いですよね?もしかすると、現役自衛官でも答えられない方も居るかも知れません。

ということで、鈴木田舜護が池上彰より分かりにくい解説で自衛隊と警察の違いを説明していきましょう♪笑

自衛隊と警察で最も大きく異なるのは守るものが違うということです。

専門的な言葉を使うと、自衛隊は「国体」を守り、警察は「政体」を守る事が任務です。

では、「国体(こくたい)」とは何かというと、簡単に言えば国柄のことです。

中国の国柄を例に挙げると、「共産党一党独裁の国」であるといえます。中国から共産党一党独裁を取ってしまえば、中国建国の理想に反しますし、中国でなくなってしまうはずです。
鈴木田舜護という人柄から愛国心を取ったら、何の役にも立たない社会のゴミになってしまうのと同じです…笑


では、日本の国柄はというと、125代2671年も続く万世一系の天皇を中心に世界で最も長い歴史と伝統を持っていることです。
もし、これが無くなれば日本は日本ではありません。


ですから、国にとって最も大切な、背骨のようなものが「国体」ということになります。
自衛隊(軍隊)とはその「国体」を守る事が任務なのです。



…続く


※一般人向けに書いた文章ですので、占領仮名遣いになつてゐます。ご理解ください。

by gendousha | 2011-04-09 13:10 | 自衛隊 国防


<< 熊本へ      水戸の状況 >>