もっこすのための熊本愛郷新聞

gendousha.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 21日

荒木精之 没後30年記念特別展

熊本近代文学館にて荒木精之先生の特別展が開催されてゐます。
荒木先生は「日本談義」を発行されるなど熊本の文化振興に尽力され、とくに神風連に感銘を受けて烈士全員の墓地を探し出されるなど神風連研究と顕彰に人生を捧げられました。

実を申しますと、現在私がとくに力を入れている愛郷運動をしようと思ふきつかけになつたのは地方文化主義を提唱し熊本から出ることなく熊本の文化振興に尽力された荒木先生の影響です。
また、内容の程度には雲泥の差がありますが、荒木先生が発行されていた「日本談義」を参考にして歴史啓蒙を目的とした愛郷新聞の創刊を決心したのでした。

今月二十四日午後一時半から「荒木精之を偲ぶ会」が開催されますので参加する予定です。
[PR]

by gendousha | 2011-12-21 22:30 | お知らせ・報告


<< 聯合艦隊司令長官山本五十六      開戦の日、石川県護国神社で自決... >>