人気ブログランキング |

もっこすのための熊本愛郷新聞

gendousha.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 05日

TPPに関する質問状

先月、民主党熊本県連に対してTPPに関する質問状を手交し、その回答があつたので掲載します。
内容としては県連としては意志を持たないといふ事なので、今後は熊本選出の民主党議員の各々に質問状を送る予定です。



熊本愛郷新聞社 殿

平成二十四年二月二日に、当民主党熊本県総支部連合会宛にご質問された内容につきまして、下記の通りご回答申し上げます。



質問
一、民主党熊本県総支部連合会は当初よりTPPに関して反対の立場をとってきたが、現在もその立場は変わらないのか。
二、TPP反対の立場が現在も変わらないのならば、今後どのようにTPP加盟阻止をしていくのか。

回答
TPP問題等、日本国の将来を左右する国家間の外交問題に関しまして、党本部が決定したことにつき、その下部組織である民主党熊本県総支部連合会がそれにつき何らかの統一的な判断を下すことはしておりませんし、また今後、民主党所属議員に統一見解を求めることもありません。
しかしながら、熊本県選出民主党所属議員の国会議員は、議員と言う立場でTPP問題に関して、表現の違いはあるものの反対の意思表示をしていたことは、各種集会や報道を通じてご存じのことと思います。
TPP問題に関しては、昨年十一月に野田首相が方針を表明し、現在交渉参加に向けて関係国との事前協議が始まっております。その具体的な内容は、今後新聞等の報道媒体、また政府国家戦略室のHPにて、国民に知らせていくことになります。
熊本では農業問題がクローズアップされていますが、その他多くの分野で国家間の自由貿易を目指す大きな問題であります。日本また熊本県にとって利益があるのかないのか、まだ不確定要素が多く、今後の交渉次第で大きく内容が変わる可能性もあります。
国民の理解を得、関係国との合意意を得るまでには、今後おおくの議論がなされていくものと考えています。

以上

民主党熊本県総支部連合会
事務局長 上村雄二郎

by gendousha | 2012-03-05 23:32


<< 熊本愛郷新聞〈第三号〉      初めての火災現場… >>