もっこすのための熊本愛郷新聞

gendousha.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 29日

独立歩兵第92大隊の話

昨日は午前中にさつさと仕事を終へて、昼から元軍人の城さんに戦争のお話を聞きました。

城さんは、齊々黌から九州大学に進み、入営(入隊)後は予備士官として中支派遣独立歩兵第92大隊所属の小隊長として45名の兵を率ゐて戦ゐました。

いろゝゝと興味深ひ話を伺ふことができました。とくに興味深かつたのは支那の戦ひは「日本軍」VS「国民党軍、共産党軍」だと思つてゐたのですが、実際には国民党軍と日本軍には信頼関係みたなものがあって、表面的には戦いつゝも協力してゐたといふ事です。
例えば、終戦後に日本軍は武装解除するのですが、その日本兵を見て共産党軍が勢いづいて国民党軍への攻撃を激しくするようになりました。そこで国民党軍は押収していた武器を再び日本軍に渡して、共産党軍を牽制することもあつたさうです。

城さんの直属の上官だつた山脇といふ中隊長は東大出身で、人間的にも軍人としても優秀だつたさうです。
あるとき、山脇中隊長は僅か20人の兵を率ゐて陣地を守つてゐました。そこへ1000人もの共産党軍が攻めてきて戦闘になりました。弾薬が限られているため、一発一発大切に使い、丸1日戦ひました。
共産党軍が撤退し戦闘は終はり、なんと山脇中隊長の部隊にはたった一人の戦死者もでなかつたさうです。

こんな優秀な人材を失つてはいけないと考へた陸軍は山脇中隊長に安全な「軍司令部への異動」を要請します。
しかし、山脇中隊長は「私は兵たちと共に中隊にゐたい」と断固要請を断つたのでした。
山脇中隊長はその後の戦闘で戦死しました。

話を伺つた城さんは敵の迫撃砲の至近弾を受けて重傷を負ひますが、奇跡的に命をつなぎ止め野戦病院に運ばれて九死に一生を得ました。
もし、あの時負傷していなければ私は後々の戦闘で死んでいただらうと仰つてゐました。

城さんが所属してゐた独立歩兵第92大隊の1350名は終戦までに約1100名が戦死しました。


城さんは、
「戦争はやつてはいけない。」
「軍備はしつかり持つべきだ。」
「憲法9条に掲げられてゐる戦力の不保持は飛躍しすぎた考へ方だ。」

と仰つてゐました。


近頃、保守系議員が好戦的な発言をしたり、保守系市民がその発言を喜ぶといふ姿が散見されますが、平和ボケにどっぷり浸かった我々に耐へうるほど戦争は生易しいものではないと痛感してをります。
戦史を学び、体験談を聞けば聞くほどさう思ひます。


他国に日本の平和を委ねるやうな弱々しい平和主義などなんの役にも立ちません。
日本が自らの手で、日本を守るといふ強い意志と実力とがなければ日本人が心から願ふ本当の平和は訪れないと確信してをります。
[PR]

by gendousha | 2012-11-29 12:03


<< 高校時代の成績      今日の出来事。 >>